村中大祐指揮Orchester AfiAの第一弾CD

「メンデルスゾーン:交響曲第3番《スコットランド》&《弦楽八重奏曲》」が、

レコード芸術2015年10月号の推薦CDに選ばれています!

《スコッチ》の序奏、遅めのテンポで今どき珍しいくらいヴィブラートをかけ、心の歌を奏でる。ヴァイオリンが入るとコンマスではなくコンミスではないかと思わせるデリケートなニュアンスと、優美な音色が氾濫する。全体に隙間のないハーモニーの厚みがすばらしい。主部を反復しないのも前記ヴィブラートの多用とともに村中大祐の才能を感じさせる。最近流行のドラマの強調はないが、生々しい部分は十分に鳴らし、それが緻密さと一体化して音楽を堪能させるのだ。
スケルツォでは敏感なリズムと木管のかけ合いの愉しさが光る。これでもう一つテンポが落ち着いていたらさらに良かったろう。第3楽章では第1楽章の序奏以上にヴァイオリンの心のこもった歌が美しい。とくにコンサート・ミストレスのヴィブラートが生きる。チェロ、バスも語り、フォルテの有機的なひびきと充実感も見事だ。オーケストラ全体が鳴り切っているのにうるさくならない。
フィナーレは出のヴァイオリンの冴え切ったテーマから一気に惹かれる。リズムが生き、指揮者の意志が伝わってくる。この指揮者はいつも自分の音楽をやっている。テーマが盛り上がり、第2主題が出るまでの前進力と緊張感にあふれたひびきはエネルギーのかたまりであり、すべての部分がきびきびと運ばれる。
八重奏曲について書き始めると舌足らずになってしまう。やはり名演である。
宇野功芳氏(2015年レコード芸術10月号推薦盤)

海外の批評 (クレアー・セイモア氏 英国音楽評論家)

「指揮者の村中大祐はその自然な指揮ぶりと魅力をもって
メンデルスゾーンのスコットランド交響曲に於いても、
雰囲気に満ちた、しかしエレガントな味わいの作品に仕立て上げた。
村中は極めて洗練され感受性に富んだ演奏を披露して、壮大な終結部へと導いたのである。
その全てにおいてロマン主義時代の怒涛のような不安をあおりすぎることなく、
メンデルスゾーン自身を完璧に体現するかのような音楽を創り出していた。
近代的でエレガントなメンデルスゾーンの姿を、である。」

画像の説明

CDを聴かれたお客様の声

オーケストラの1つ1つの楽器の音色や全体のバランスが極めて美しいと思った。(65歳女性)
●スコットランドの憂愁、郷愁が感じられて、自分がその場にいるように引き込まれ、思わず涙ぐんでしまう演奏だった。(70歳女性)
オーケストラの人が楽しみながら自然体で弾いているのが、よくわかった。(45歳男性)
●音の響きが心地よい。聴き手が素直になって、思わず引き込まれます。(56歳女性)
●メンデルスゾーンの調べが良く表現された名盤ですね。(某オーケストラ運営者)
●とうとう村中さん率いる(といっても、ついてこい!!っていう意味での率いるじゃないですけどね)Orchester AfiAの新譜が出ましたよ。さて、この新譜、わたしもライブで聴いていたメンデルスゾーンの交響曲第3番「スコットランド」と八重奏曲(弦楽合奏版)という渋いカップリング。どちらもライブ録音ですが、同日ではなく、演奏された場所も日付も違います。スコットランドは、こんな雄大なテンポから始まっていたっけというくらい悠然としたテンポでのスタートに感動。ライブを聴いて、このオケのやろうとしていることはスゴイな~と感じたのですが、その一端がCDでも感じられるのはスゴイことです。音楽が自然なんです。さて、ブライトな音を持つ、このオケのサウンドは、CDでもばっちり体感できます。ライブでこれだけの音が鳴るオケはなかなかないと思います。かといってズジャーンというアメリカンな盛り付けのデザートという感じは全くしない、ソリッドな音霊が飛び込んできます。残響が抑えられた録音と相まって、CDでも楽器ひとつひとつの躍動感が伝わってきます。とくに、弦と木管のアンサンブルは、すごい。別に金管とかが悪いわけではありません。弦と木管はとくにすごいんですよ。

このセットであなたが手に入れるのは 

画像の説明
CD メンデルスゾーン交響曲第3番&弦楽八重奏曲

画像の説明

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小冊子「AfiA第一弾CDを100倍楽しめる絶対法則

■カード決済(Visa)

カード決済はこちらから↓
カード決済をする

 

 

 AfiA LLC.

TEL: 045-516-6498(月~木 13:00~15:00)
FAX: 045-512-8506

 © AfiA LLC. 2018, Yokohama, Japan. All rights reserved.