【音楽こそ人生最強のソリューションである。】⑮「チャンスをホンモノの成功に変える方法」

チャンスを得る。これは誰にでも起こる話だと思う。ただ、そのチャンスをホンモノの成功につなげられるか。そこはなかなかに難しい話のような気がする。私もこれまでに、何度もチャンスが到来した経験がある。目に見えるカタチで、誰もが「これはチャンスだ!」と思うような経験だ。それを私がどうやってモノにして、ホンモノの成功に結び付けたか。その話をしてみようと思う。むーらん

追伸:詳しく知りたい方はメルマガに無料登録してみて。

【クラシック音楽の処方箋」もプレゼントしています。

詳細・登録はこちら↓からどうぞ。

http://clubmuran.info

【音楽こそ人生最強のソリューションである。】⑬「強い音と弱い音」

私強い音キライ。これは強い音を出さないという意味ではない。そんなことを分からない大人がいるとは、ハッキリ言ってちょっとビックリした。でもまあ、それも勉強だろう。言葉を発すると、その言葉について、色々な解釈が生まれる。ある人は真っすぐに読み進み、ある人は自分を批判されたと思い、ある人は言葉の表面しか理解できない。人それぞれ。別にそれで良いのだが。。。強い音にも色々あるのだよ。むーらん

追伸:詳しく知りたい方はメルマガに無料登録してみて。

【クラシック音楽の処方箋」もプレゼントしています。

詳細・登録はこちら↓からどうぞ。

http://clubmuran.info

【音楽こそ人生最強のソリューションである。】⑫「強い音は強い音じゃダメなんだよ。」

メールって、推敲しやすいだろ?だからアタマに来ても、書き方で相手には分からないように書いて、これで大丈夫だって送信したら、相手にマンマ怒りが飛んで行ったわけ。つまりさ。思ったことの方が、文面よりメールに乗りやすいってのを学んだわけ。怖いんだよ。全部わかっちゃう。言葉で誤魔化しても、全部のっかってしまうわけだ。それが音楽と同じだなぁ、って思う今日この頃。むーらん

追伸:詳しく知りたい方はメルマガに無料登録してみて。

【クラシック音楽の処方箋」もプレゼントしています。

詳細・登録はこちら↓からどうぞ。

http://clubmuran.info

【音楽こそ人生最強のソリューションである。】⑫「音楽でトラウマを解消する法」

音楽で癒しを得ることはできる。でも音楽とはもっとスゴイちからを秘めている。モーツァルトの音楽には長調も短調もある。だけど短調も人を癒すポジティブだ。音楽はどんなに爆発的な音が出ても、けっしてあなたを貶めることはない。むしろあなたを制限から引っ張り上げて、開放する立場だ。それが音楽の凄さだと思う。今日はトラウマという観点から少しお話してみた。トラウマも音で解決できるのではないか。そう思ったからだ。むーらん

追伸:詳しく知りたい方はメルマガに無料登録してみて。

【クラシック音楽の処方箋」もプレゼントしています。

詳細・登録はこちら↓からどうぞ。

http://clubmuran.info

【音楽こそ人生最強のソリューションである。】⑪「人は何に耳を傾けるのか」

音楽を聴くということ自体、実は感性を磨き上げることにつながるんですね。それをする際に、どこを観るか?つまり何を聴くか?何に耳を傾けるのか?がとっても重要になるんです。音が間違っているとか、正しいとか。そういう教育を受けて来た人の場合、そういったニュアンスが分からないと思います。そう言う人は別に聞かなくていいと思います。これは感性が大事だ、豊かさが大事だと思う人に聴いてもらいたい。自分を磨く、ということに興味がある人にこそ。むーらん

追伸:詳しく知りたい方はメルマガに無料登録してみて。

【クラシック音楽の処方箋」もプレゼントしています。

詳細・登録はこちら↓からどうぞ。

http://clubmuran.info

音楽こそ人生最強のソリューションである。⑩「愛の貯金って知ってる?」

音楽こそ人生最強のソリューションである。これは本当のこと。でもそこに流れる音のどこを観るか、どこを聴くかによって、人生すらも左右される。私はそう思っています。外国に行くと、ありがとう、ってのが違うんですよね。その違いから、日本のスゴサを語ろうと思います。そして音楽家がやらなければならないこと。音楽を聴く人のマインドセット。その辺りをお話しています。むーらん

 

追伸:詳しく知りたい方はメルマガに無料登録してみて。

【クラシック音楽の処方箋」もプレゼントしています。

詳細・登録はこちら↓からどうぞ。

http://clubmuran.info

【ベートーベンの革命】

ベートーヴェンの革命と書いて、村中さん、革命はショパンだろ?と言うなら、あなたは正しいんですけどね。やっぱり革命はショパンよりベートーヴェンだってのが私の主張でして。今日は自然と音楽のシリーズの第12回を開催するにあたり、その意味みたいなものをお話していますが、ベートーヴェンの偉大さをお話する回でもあります。革命家だから偉大ってのとはちょっと違うかな。でもいずれにせよ、彼はスゴイ。彼がいなければ、音楽はアジアまで伝わったかどうか。。。むーらん

追伸:詳しく知りたい方はメルマガに無料登録してみて。

【クラシック音楽の処方箋」もプレゼントしています。

詳細・登録はこちら↓からどうぞ。

http://clubmuran.info

【音楽は音の周辺を聴きなさい】

音楽ってのは、音の周辺を聴くものなんだよね。それを一生懸命音だけ聴いていると、音に逃げられてしまう。掴み損ねたら、それはもう、その時間が無駄になるわけ。慣れている人はそういう感じで聴く。数の問題だけどね。人間ってのは妙な生き物で、何ごとも気楽にやるのがいい。そうしないと、本質を見失うんだと思うよ。だから色々聴くときに、自分のこころの状態ってのに、少し気を付けてみたら、意外な世界が広がっているの。そんなもんだよね。むーらん

 

追伸:詳しく知りたい方はメルマガに無料登録してみて。

【クラシック音楽の処方箋」もプレゼントしています。

詳細・登録はこちら↓からどうぞ。

http://clubmuran.info

【シューさんとベーさん】2人の違いについて語ってみた

シューマンの交響曲を聴いてもらうのに、やっぱり何がどう面白いか。知っていた方が得だと思うんですよね。でも感じろと言われても、すぐにはわからないわけだ。だからヒントを少しずつ語ろうと思って。それでまずは家族会議を始めたワケ。これまでシューマンの作品をOrchester AfiAと一緒にやって来た。その中で例えば2曲既に交響曲を演奏しているし、ピアノ協奏曲も今年発売されたし。ついでに言うならロンドンではチェロ協奏曲も聴いていた家内との家族会議。そしたらシューマン「豆腐説」が生まれてしまった。そういうわけで、今日はそのシューさんのベーさんとの違いについて語ってみた。ピアノ演奏付き。むーらん

 

追伸:詳しく知りたい方はメルマガに無料登録してみて。

【クラシック音楽の処方箋」もプレゼントしています。

詳細・登録はこちら↓からどうぞ。

http://clubmuran.info

【ギリシャ・ローマへの帰還】

今度の東京公演でお招きするグローリア・カンパナーさんとのラヴェルのピアノ協奏曲いついて、その聴きどころをご紹介する話。それがこのテーマ。一見難しいけど、大事な話。クライバーとかバレンボイムとか、アルゲリッチとか。いろいろあって。最終的にはフルトヴェングラーの話に行くのです。これがギリシャ・ローマへの帰還の意味。ちょっと深ーい話を聞いてみて。むーらん

 

追伸:詳しく知りたい方はメルマガに無料登録してみて。

【クラシック音楽の処方箋」もプレゼントしています。

詳細・登録はこちら↓からどうぞ。

http://clubmuran.info